お問い合わせ

資料請求

FAQ

Total Renovation Story #1

若世帯の夢を叶える 
2世帯住宅改修プロジェクト

K様邸 築20年 戸建住宅

憧れの空間で生活する事を夢見ながらも、ご主人のご実家で長らく2世帯住まいをされていたK様。
2世帯分の設備は無く、キッチンも洗濯も上手に共有されていました。
当時まだ新しい建物だったため手を付けていませんでしたが、築20年を迎え、いろいろとメンテナンスをする時期を機会に、
若夫婦好みの空間に大きく改修することを決意されました。

1.Introduction

ちょっとずつやるよりは、
いっぺんに

ご主人 :この家は築20年くらい経っていましたので、水廻りにガタがきていました。最初は部分的に修繕しようかと思ったのですが、外壁も傷んでいたので、ちょっとずつやるよりは、いっぺんにやっちゃおう!と。新築も検討したのですが、築20年なら解体してしまうほど古い家ではないですよね。じゃあ10年後に新築する?と考えると、自分や家族の年齢のことまで考えるように。子供たちが巣立つ前、両親が健康なうちにと思うと、タイミングは今だと感じ、家族で話し合ってリフォームを決めました。

リフォーム前の外観とキッチンの写真。

2.Design

ときめくデザイン

奥様 :WEBサイトを見て、平成建設に頼むなら池上さんにお願いしたいな、と思っていました。でもお忙しかったのか、なかなか池上さんにお会いできないまま他の会社と話を進めていました。ですが、後から池上さんのデザインを見て、ドキューンってなりました。ときめきました。

担当した設計士

池上 和宏
〈一級建築士、既存住宅現況検査技術者、静岡県耐震診断補強相談士〉

ただオシャレにするだけでなく、使い勝手や片付け易い空間造り、そして日々の家事をどれだけ楽に出来るかも考えて空間造りをしています。まずは料理や掃除洗濯などの家事全般を日常から行い、お客様と同じ感覚でお話出来るように心がけています。また常に柔軟な発想で費用対効果を意識しながら、デザイン性の高いリノベーションも得意としています。 もし他でリフォームの計画をお考えでしたら、一度声を掛けて下さい。きっと違いを感じていただけるはずです。

3.Planning

必要なものを見極めるプランニング

ご主人 :せっかくのリフォームなので、最初はガラッと間取りを変えて、吹き抜けで大空間!というようなものも考えていました。実は平成建設ともう一社検討していて、その会社は、大々的に間取りを変更したものを提案してくれました。その後池上さんにお会いして、「今のお住まいで不自由なところはありますか?」と聞かれたんですよね。水廻りとか細かい部分には不満がありましたが、家の間取りとしては大きな変更は必要ないかな、と考えるようになりました。なので間取りの変更より自分たちの好きなテイストにまとめ上げることを重視してもらいました。あとは家事をラクにする工夫を盛り込んでもらって。そういう堅実な提案を、池上さんからもらえて良かったです。

池上がお施主様へご提案時に提出したイメージパースとプランの詳細図。

まとめられたご要望

  • ・DIYが似合いそうなログハウスのような空間に!
  • ・外観をエレガントな洋風の雰囲気にしたい!
  • ・玄関から直接2階へ上がれる現状を、リビングを経由して各部屋へ上がれるセンターリビングへ!
  • ・家事の軽減と、物が目につきにくく生活できる空間!

4.HeiseiDaikuMind

担当者との距離が近い平成建設

ご主人 :平成建設のリフォーム部は営業さんがいない分、設計士さんと直接お話しする機会が多かったです。また、監督さんや大工さんも話しやすく、工事の様子はほぼ毎日見に行っていました。解体して、既存の壁の中に防水紙が入っていなかったと分かった時はショックでしたね。それに断熱材がなかった。どうりで暑かったんだなあ、と納得しました。急遽工事範囲を広げて断熱材を入れてもらうことになりましたよね。おかげで今は快適です。暮らし始めてから、もう少しトイレが広かったら子供が手洗いしやすかったのかなあ、などと考えることもありますが、トイレを広げると玄関が狭くなってしまうし。要望をバランスよく盛り込んだリフォームをしてもらえたので、平成建設に頼んで良かったと思っています。

5.Before/After

自分らしい空間と
家事の効率化の両方を実現

リフォーム前の和風な建物の外観
南欧風なポーチが新たにできた建物外観

奥様ご希望のエレガントな洋風の外観

和風住宅を印象付ける瓦葺きの寄棟づくりの庇を解体したうえ、
イタリア製のタイルを敷き詰めアーチをあしらった玄関ポーチ。
「品のある南欧風の建物に仕上げてほしい」という奥様のリクエストをポーチ部分の改修だけで見事に実現しました。

リフォーム前の閉鎖的なキッチンの写真
リフォーム後に洗面所から見た回遊動線の分かる写真。右側の扉からリビングを通ってキッチンへ、そしてパントリーから洗面所までぐるりと一周できる。

スムーズになった水廻りの家事動線

水廻りの動線をスムーズにしガス衣類乾燥機を導入したことで劇的に家事がラクになったと好評でした

リフォーム前の閉鎖的なキッチン空間の写真
リビングと一体となったキッチンの写真

配置を変えて使いやすくなったキッチン

独立していたキッチンは向きを90度回転し、大工製作のダイニングテーブルを隣に配置して、配膳もスムーズになりました。

リフォーム前の良くある日本の住宅のリビングの写真
リフォーム後、壁を板張りにし、ログハウス調になった室内の一角の写真

味わいが増すログハウス調の木の壁

奥様ご希望の木の壁なら、万が一お子様が汚しても目立たずにすみ、経年変化とともに味わいが増していきます。

リフォーム前のリビングの写真
リフォーム後のリビングの壁面の写真。各居室や2階へ続くドアが3つあり、ドアの間のスペースには正方形の棚が並んでいる。

家族がリビングを経由する動線

リビングは玄関ホールや2階への階段、ご両親のお部屋への入り口に繋がっているのでご家族が自然とリビングへ集まります。

この物件を施工事例で見る