期限がある。それには理由があります。 | リフォームスタッフブログ | 提案型の増改築、耐震なら平成建設のリフォーム -reformstyle.net-

梅雨とは思えないくらい晴れましたね(笑)

 

 

 

こんにちは!

静岡支店の岩田和也です!

 

 

 

モノには使用期限を定められている事が

意外と多いものです。

 

一番身近な所では、食料品でしょうか。

当然、生のモノは期限が特に短く、

 

 

「その日のうちに食べて下さい」

 

 

などと言われることもしばしば。

 

 

 

余り知られていない所では

乾電池。

食品ではない乾電池にも、期限があるんです。

 

古くなると、液漏れなどの理由で使用できないので、

防災用品としてせっかく購入してあっても

実際に使いたい時に使えないという事にも

なりかねません。

 

 

 

「乾電池に期限なんてあるの?」

 

 

 

気になった方は、

早速、チェックしてみて下さい。

 

そして、最後に

もっと知られていないモノとして

 

 

 

建設現場などで使用されている、

普段、我々が被っている

保護帽です。

 

 

 

 

 

 

実は、

保護帽にも耐用年数が設定されています。

 

 

 

「食料品でもなければ、液体が入っているわけでもないのに…」

 

 

 

材質にもよりますが、

耐用年数が3年だったり、5年だったりします。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

意外と知られていない、使用期限。

 

期限が決まっているという事は

期限を過ぎて古くなると、

 

美味しくない、

使用できない、

危険を伴う、

 

などの理由がきっとあるはず。

 

 

 

そういえば…

 

 

 

このような記事を書いていて

思い出しました。

 

 

 

今、我が家には

次女が修学旅行のお土産として買ってきてくれた

生八つ橋があることを。

 

 

 

賞味期限が切れる前に、

美味しいうちに、頂きたいと思います(笑)

ブログランキングに参加しています。
下のリンクのクリックをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へにほんブログ村ランキング

カテゴリ: 仕事の事
 
平成建設Webサイトへ

©2011 HEISEI CONSTRUCTION CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.